Product Update|Facebookにおけるブランドの認知度(Brand Awareness Ads)広告を紹介

Brand-Awareness-Ads

新しい広告目的により、ブランドの認知度を向上!

読者の皆さんはLocal Awareness(近隣エリアへのリーチ)という広告を知っているかもしれないが、Brand Awareness(ブランドの認知度)も知っていますか?Facebook広告はブランドの認知度という新しい広告目的を公開しました。この目的は最適化エンジンにより、広告想起を強化することができます。以下では、ブランドの認知度広告の強み、掲載場所及び詳細な設定を紹介していただきます。最後にリーチ・アンド・フリークエンシー広告とブランド認知度広告の比較を説明していただきます。

1.ブランド認知度広告の強み

ブランド認知度広告は過去に最適化できなかったことと測定できなかあったことにソリューションを提供しました。Facebookとネルソンのマーケティング調​​査によると、広告がより多くの人に配信され、広告に費やす時間がより多くなれば、ブランドの認知度がより高くなれることといいます。そこで、ブランド認知度広告は二つの最適化目標を広告運用者に提供します:

  • リーチ
  • ブランドの認知度

「リーチ」という概念は、今回の変更の前にも存在していることであるが、「ブランド認知度の最適化」はどういう意味ですか?ブランド認知度を最適化したら、システムにより自動的に広告に多くの時間を費やす傾向にある人たちに広告を配信されることができます。そして、異なる世代の人たちにとって、広告の内容を消化できる時間が異なるため、システムがこれも考え、適切なオーディエンスを選択し、ブランドの認知度を向上されます。

ここまで読んだ読者さんは最適化の論理を理解できるが、もう一つの質問があるかもしれません。Facebookはどうやってブランドの認知度のパフォーマンスを計算しますか?エンゲージメント数?クリック数?この前存在しているメトリックはブランド認知度にの関連が薄いです。この問題を解決するために、Facebookは推定広告想起リフト(Estimated Ads Recall Lift)というメトリックを提供し、この後のポストエンゲージメント広告を配信したら、このバリューを測定することができます。推定広告想起リフト(Estimated Ads Recall Lift)を決める要因は広告のリーチ数、ユーザーが広告を見る時間の長さ、またはネルソンが提供している300以上のブランドに関する調査の結果です。Facebookはこれらのデータを利用し、広告想起リフトを推定します。ユーザーが広告の内容を思い出すことができたら、彼らはそのブランドを知っていることがわかります。

Facebookは同じメトリックを使用してブランド認知広告とポストエンゲージメント広告のパフォーマンスを測量しました。その結果、ブランド認知広告はポストエンゲージメント広告よりも60%以上の推定広告想起リフト人数があることがわかります。最適化エンジンの有効性を証明しただけでなく、この新しいキャンペーン目的を通じ、企業はビジネスのゴールを達成げきることも証明しました。

blog_1209_2

*新機能は完全にロールアウトされた後、ポストエンゲージメント広告も推定広告想起リフトのデータが表示されます。異なる広告目的により作成した広告のパフォーマンスを比較すると、担当者はマーケティング戦略を決めることがより簡単になります。

2.ブランドの認知広告の掲載場所

ブランドの認知広告はFacebook のデスクトップのニュースフィードにもモバイルデバイスのニュースフィードにも掲載することができます。また、Instagramに掲載することも可能なので、ブランドとファッションに興味を持っているユーザーをリーチすることの効率が高くなります。

3.どうやって ブランドの認知度広告を作成しますか?

上記のように、ブランドの認知度の広告は二つの最適化する目標を提供しています。「リーチ」を選択したら、入札金額によりリーチ数を決定します。システムは合計のリーチ数と広告の毎日のリーチを最適化します。そして、オーディエンスが特定の期間に広告を表示される回数を設定し、広告疲れを避けることができます。この最適化の機能を通じ、広告運用者は精確にマーケティング戦略を行うことができ、賢く予算を使用することができます。それに、「ブランド認知度」を最適化したら、上記のように比較的に長い時間に広告を見る傾向がある人に広告を配信します。どのような最適化目標を選択しても、CPMによって課金されるべきです。

4.ブランドの認知度広告とリーチ・アンド・フリークエンシー広告は違うことですか?

ブランドの認知度広告はリーチ数を最適化できます?じゃ、リーチを最適化するブランド認知度広告とリーチ・アンド・フリークエンシー広告は同じことでしょ?実際に、リーチ・アンド・フリークエンシー広告はの広告購買タイプです。リーチ・アンド・フリークエンシー広告を購入する場合は、リーチと広告の配信頻度が高い予測可能性をもらうが、広​​告の配信期間に広告の内容や入札金額などの設定を変更することはできません。ブランドの認知度広告を購入する、リーチを最適化する場合は、リーチ・アンド・フリークエンシー広告のような精確にリーチとフリークエンシーを予測することができないが、広告のパフォーマンスを改善するため、配信期間に入札価格や予算などを調整することが可能です。つまり、広告運用者が広告の購買を決定している際に、予測可能性あるいは柔軟性を選択するジレンマがあります。もう一度KPIをチェックして選択することはお勧めです。以下のグラフをご参考ください。

blog_1209_1

この記事を読んだ後、ブランド認知度の広告についてより良い理解を得ると思います。もし、Facebook広告に興味を持っていったら、お気軽にお問い合わせください。弊社では経験値が高い広告運用者の広告運用サービスを提供し、最も適切な運用戦略とadHubという広告運用ツールを通じ、広告効果の最大化に達成します。もし弊社のサービスや製品などにご興味を持たれましたら、support@ad-hub.netまでお問い合わせください。

参考文献: Facebook Internal Deck

Zoe Huang

Zoe Huang

Product Marketing Manager at adHub Inc.
adHub產品行銷經理 / 日本語対応可能
從學生時期就踏入社群經營的世界,擁有Facebook廣告優化經驗,也取得了Google AdWords證照。
除了用心做好產品管理、行銷、偶爾擔任課程講師之外,也致力於分享廣告優化經驗、新產品資訊給部落格讀者,希望可以獲得更多讀者的反饋。
Zoe Huang