Advertising Strategies|Facebookピクセルのベストプラクティス

在受眾的質和量之間找到平衡 (2)

オーディエンスの質と量のバランスを見つけよう!

この前、Facebook広告は二種類のピクセルを提供し、ピクセルによりユーザーの行動をトラッキングし、行動を最適化し、よりよい広告パフォーマンスに達成します。最近、FacebookはFacebookピクセルという新しいピクセルをロールアウトしました。このピクセルによりコンバージョンをトラッキング、最適化する、及びカスタムオーディエンスを生成することができます。そして、コンバージョンピクセル(Conversion pixel)というピクセルは2016年後半に廃止されるために、今からFacebookピクセルを使用することをお勧めます。下記では、Facebookピクセルの使用方法とベストプラクティスを紹介させていただきます。

ターゲット層のリターゲティング 類似オーディエンス コンバージョントラッキング コンバージョンの最適化 ダイナミックプロダクト広告 カスタムコンバージョン
カスタムオーディエンスピクセル V v x x v x
コンバージョントラッキングピクセル* X v v v x x
Facebookピクセル V v v v v v

*Facebookは提供している各ピクセルの比較表です。

1. Facebookピクセルの使用方法を説明

(1)ピクセルコード

下の図のように、Facebookピクセルコードでは、ベースコードおよび標準イベントコードで構成されているものです。

古いピクセルを使用する場合は、異なるページに異なるコードを配置する必要があるが、Facebookのピクセルを使用している場合は、すべてのページに同じベースコードを入れ、アクションが完了したページにイベントコードを配置するなら完成します。また、URLによりカスタムピクセルを作成することも可能です。

blog_1126

*図:カートに追加ページに配置された新しいコードです。

標準イベントコードは広告運用者が自分で設定する必要があります。 Facebookはそれぞれの利用のため、9の標準イベントコードを提供し、アクションとコードのリストは以下に提表示されます。

ウェブサイトアクション 標準イベントコード:
キーページの表示 fbq(‘track’, ‘ViewContent’);
検索 fbq(‘track’, ‘Search’);
カートに追加 fbq(‘track’, ‘AddToCart’);
ウィッシュリストへの追加 fbq(‘track’, ‘AddToWishlist’);
チェックアウトを開始 fbq(‘track’, ‘InitiateCheckout’);
支払い情報の追加 fbq(‘track’, ‘AddPaymentInfo’);
購入 fbq(‘track’, ‘Purchase’, {value:’0.00′, currency:’USD’});
リード fbq(‘track’, ‘Lead’);
登録完了 fbq(‘track’, ‘CompleteRegistration’);

では、一体どうやってウェブサイトのページにFacebookピクセルを配置しますか?例えば、「カートに追加」したユーザーをトラッキングしたいなら、ベースコードと「カートに追加」のイベントコードをコピーし、ウェブサイトのページのblog_1222_3の中に配置します。

blog_1201_4

adHubを使用している場合、copyのボタンをクリックしたら、ベースコードおよび標準イベントコードが含むFacebookピクセル一括にコピーされました。直接にコピーされたものをページに配置すると、ピクセルの実装は完成しました。それに、複数のイベントを記録したい場合は、最初のイベントコードの後に​​他のイベントコードを置いていいです。下の画像はコード内で複数のイベントを追加する方法を示します。

blog_1201_3

これはadHubのユーザーインターフェイスです。

blog_1201_5

同時に、標準イベントコードにパラメータを設定することができます。コンテンツID、番号、および通貨を設定したら、システムは自動的にコンバージョンの価値を計算します。購入の標準イベントでは、価値と通貨のパラメータが機能する必要があります。詳細はこちらをご確認ください。

そして、標準イベントコードは企業のニーズを満たしていないなら、カスタムコンバージョンアクションを設定することが可能です。ページのblog_1222_3 の間にベースコードを配置したら、下の図によって、そのページのURLをコピーしてカスタムコンバージョンのコラムに貼って生成します。

blog_1126_3

次のステップに行く後、カスタムコンバージョンの名前や説明などを設定することができます。

blog_1126_4

そうした後、広告を作成している際にこのピクセルを選択して最適化させることができます。しかし、一つの広告主は20個のカスタムコンバージョンを作成しかできません。作成した後は削除することもできません。

2. どのページにピクセルコードを配置しますか?

まず、トラッキングしたい目標を決定します。そして目標によってピクセルの種類と配置するページをを決定します。Facebookはこの三つのケースを提供しています:

  • リード、登録、およびチェックアウトを追跡したいなら、「サンキューページ」にピクセルを配置してください。
  • 「カートに追加」を追跡したいなら、「カード」のページにピクセルを配置してください。
  • ウェブサイトのページビューを追跡したいなら、ウェブサイトのメインページにピクセルを配置してください。

つまり、アクションが完了したページにピクセルを配置することにより、正しいデータを追跡することを確認します。

3.コンバージョンの最適化とオーディエンスのリターゲティングを使用する前に注意したほうが良い点がありますか?

blog_1201_9

ピクセルで収集されたデータを使用したいなら、十分なオーディエンスデータを蓄積するために、いくつかの日を待つ必要があります。十分なオーディエンスデータがあればこそ、システムは広告を最適化して配信することができます。広告運用者はほとんどこれを知っているが、ウェブサイトでのコンバージョン広告を作成している際に、直接「登録完了」や「チェックアウト」を選択して最適化する人が多くいます。彼らはより高いコンバージョン率を期待しているが、このようなピクセルに追跡されたデータが一番少ない事実を忘れてしまいました。

キャンペーンが始めた時、元々製品に興味があるユーザーに広告を配信するので、高いコンバージョン率を達成できたかもしれないが、しばらくすると、パフォーマンスが悪くなってインプレッション数が不足になる可能性が高いです。

一つの理由は製品を購入するユーザーがもう購入してしまうからです。また、広告の配信不足の理由は最適化されたピクセルのオーディエンスデータが少ないであり、システムが適切な広告オーディエンスを見つけることができないためです。

この際に、上のレベルでのピクセルを最適化する、より多いリードを見つけることはお勧めな戦略です。例えば、この前に「チェックアウト」のピクセルを最適化したら、今回は「カートに追加」や「ウィッシュリストへの追加」などのピクセルをを最適化してオーディエンスのプールを拡大し、広告の配信困難を解決します。そうすると、最初のコンバージョン率は前者ほど高くないかもしれないが、全体のコンバージョン数は高くなていき、広告のコストが減少します。

blog_1201_7

一方、上記の戦略と違うが、「コンバージョンファネル」の利用をお勧めします。先にインプレッションを最適化し、または「ウェブサイトへの誘導」を最適化し、ピクセルで収集されたオーディエンスデータを拡大するあと、データが一番多いピクセルから少ないの最適化します。以下の図をご参考ください。

ピクセルの最適化はの強みであるが、このツールを使用している時オーディエンスのサイズに注意する必要があります。精確にコンバージョンを最適化すると、コンバージョン率を向上させることができるが、配信不足のリスクがあります。逆に、足りる配信に達成しやすいが、初期のコンバージョン率がそのような高くないです。広告運用者はFacebook広告を操作している時、オーディエンスの質と量を選択するジレンマに陥ることがあります。より多いオーディエンスサイズとコンバージョンの最適化に関連がある文章を読み、広告操作の経験を積みこそ、勝負所に正しい判断をすることができます。より重要なのは広告の配信が不足になる時、広告運用者が広告の設定を正しい道にリダイレクトする能力をもっているこそ、広告全体のパフォーマンスを向上することができます。

この記事を読んだ後、Facebook広告におけるピクセルツールの運用についてより良い理解を得ると思います。もし、Facebook広告に興味を持っていったら、お気軽にお問い合わせください。弊社では経験値が高い広告運用者の広告運用サービスを提供し、最も適切な運用戦略とadHubという広告運用ツールを通じ、広告効果の最大化に達成します。もし弊社のサービスや製品などにご興味を持たれましたら、support@ad-hub.netまでお問い合わせください。

Zoe Huang

Zoe Huang

Product Marketing Manager at adHub Inc.
adHub產品行銷經理 / 日本語対応可能
從學生時期就踏入社群經營的世界,擁有Facebook廣告優化經驗,也取得了Google AdWords證照。
除了用心做好產品管理、行銷、偶爾擔任課程講師之外,也致力於分享廣告優化經驗、新產品資訊給部落格讀者,希望可以獲得更多讀者的反饋。
Zoe Huang